採卵後のスケジュールについて

2017.02.20

 みなさまこんにちは

前回は(2月19日)に体外受精の採卵までのスケジュールについてお話しました。

今日は、採卵後のスケジュールについてお話したいと思います。

採卵を終えたら、「ほっと一息」と言うところですが

採卵までのところが非常なプレッシャーで移植(卵をお腹にもどす)ところのイメージがすっかり抜けてしまっている患者様も稀にいらっしゃいます。

そりゃ~そうですよね

「採卵ってどんな感じなんだろう?」

「ちゃんと卵がとれるかな?」

そんな不安が採卵を終えて一気に吹き飛ぶので

人生の大仕事をひとつ終えたような気分になることもあると思います!

胚移植は採卵から2~3日後ごろ、胚盤胞移植の場合は5日後頃に行います。

採卵を終えてしまうと、あとの2週間は胚移植を含めて3~4日、採血や注射のために通院して頂くだけです。

採卵前のように、血液検査の結果をまったりすることもありませんし、日程の詰まった通院はありません。

予定された採血・注射日も患者様のご都合に合わせて若干変更することも可能です。

今治療されている患者さまでもお仕事と治療を両立されている患者さまも多く通院されています。

上手にお昼休みを利用されたり、出勤前の時間を利用されたりとご自身のライフスタイルに合わせて治療を生活に取り入れて通院していただいています

今後、体外受精をお考えで治療スケジュールについて疑問やご自身のライフスタイルでどのように治療を行っていくかお悩みのかたは一度看護師までお声おかけくださいね

また当院では体外受精のセミナーも開催しています。

動画配信もしておりますのでぜひスケジュールを確認してみてくださいね

次回の体外受精・ステップアップセミナーは8月23日(土)

9月は20日(土)です!

是非、御参加ください。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム