ブログ記事詳細

ブログ

  • 2017.11.10 13:40
  • カテゴリ:

 寒い日には、お持込みされた検体カップがとても冷たくなっていることがあります。顕微鏡下で観察すると、ほとんどの場合、前回の検査値と比較して運動率が低下しています。思いの外、元気な場合もありますが、精子がほとんど動いていない状態の方が多いです。

精子は外気温の影響を強く受けます。暑さや寒さにとても弱いのです。精子の状態が悪いと、治療方法の変更を余儀なくされたり(例:体外受精予定が顕微授精に変更になる)、治療自体が中止になったりする場合があります。

それを防ぐには、できるだけ体温に近い温度を保つために、採取後の精子検体カップは寒い室内で放置などせずに、速やかにタオルで包み、外気に触れないようにカバンの中に入れるか、コートの中にいれて抱えるようにして、クリニックにお持込ください。 

詳しくはこちらからご覧ください。

トラックバック
トラックバックURL
コメント
コメントする
(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメント投稿する必要はありません。)
  • 初診の方へ
  • セミナー
  • インフォメーションライブラリー
  • 専門スタッフの紹介
  • アクセスマップ
  • 詳しい地図はこちら
  • 06-6311-2521
  • 〒530-0026
    大阪府大阪市北区神山町1-7
    アーバネックス神山町ビル5F
  • 地下鉄「扇町駅」から徒歩6分
    地下鉄「東梅田駅」から徒歩10分
    JR環状線 「天満駅」から徒歩9分
オンライン診察

  • オンライン診療予約
  • 医療予約管理システム

  • オンライン予約はこちら
LINE 友だち追加

Yaplog! 当院の最新情報ブログ

facebook 医院職員からのメッセージ

Vimeo 診療とセミナーの解説動画

Twitter 妊活に役立つ情報満載

当院のインスタグラム

扇町ARTレディースクリニック採用サイト